あおぞら眼科ワンポイントレッスン|視神経乳頭陥凹拡大について

視神経乳頭陥凹拡大と緑内障

緑内障は、眼圧(眼の内圧)によって視神経乳頭が圧迫されて、視野(見える範囲)が狭くなったり、物を見る力が障害されたりする病気で、眼圧の上昇がその病因の一つと言われてきました。しかし最近では眼圧が正常でも緑内障と同じような視神経の形の変化や、視野の障害が起きることが多いことが判明し、これが「正常眼圧緑内障」と呼ばれています。そして、この正常眼圧緑内障が緑内障全体の80%を占めています。

視神経乳頭の陥凹拡大とは

視神経乳頭は眼底の中心より少し鼻側によったところにあり(図参照)、網膜に映った光の信号を束ねて脳に伝える視神経のつなぎ目です。視神経乳頭の中心には「へこみ(陥凹)」があり、そこから血管、視神経が出入りしており、この「へこみ」が「視神経乳頭の陥凹」と呼ばれているところです。そして、この「へこみ」が大きくなると緑内障になりやすいといわれています。
人間ドックなどで指摘される「視神経乳頭の陥凹拡大」とはこの部分が大きいことを示しており、それは緑内障の疑いがあることを意味しています。

視神経乳頭の脆弱性

視神経乳頭の陥凹が大きくなると神経線維に障害が生じ、視野の一部が欠けたりします。これは、眼圧が高いためにその圧に負けて生じるものと言われてきました。しかし、「正常眼圧緑内障」の場合、眼圧は正常でも視神経乳頭の脆弱性によりこのような変化を生じると言われています。視野異常は非常にゆっくりした進行であることがほとんどです。

正常眼圧緑内障の検査

  1. ① 眼圧検査

空気を吹き付け、その時の角膜のへこみ具合によって眼圧(目の堅さ)を測定します。眼の中には房水と呼ばれる液体が流れており、この房水の量で圧が決められています。正常値は10~20mmHgです。 眼圧は日によって、また一日の中でも変動するため、その患者さんの眼圧の平均値を知るためには何度か測定する必要があります。

  1. ② 眼底検査

診察の際、瞳孔を通して目の内張りをしてる眼底(網膜や視神経)をレンズを通して観察する検査が眼底検査です。この検査で医師は、視神経乳頭の形態を診て緑内障の疑いがあるか否かを判断します。また、眼底写真を撮ることで、患者さん自身もご自分の視神経乳頭の形を確認することができます。

  1. ③ 視野検査

一点を注視した時に周囲に見える範囲と感度を測定する検査が視野検査です。緑内障の初期では、視野に一部薄く見えるような部分が出てきますが、自分自身で異常に気付くことはまれです。視野検査により自身では気が付かない軽微な視野異常を検出します。
緑内障の場合、一般に鼻側の上あたりから視野が狭くなっていき、進行すると中心部分に向かって見えない範囲が広がっていきます。視野が狭くなっても中心の視野が保たれていると視力は比較的保たれることが多いです。

  1. ④ 光干渉断層計(OCT)

赤外線の光を使い網膜の断層画像を撮影する検査です。視神経乳頭の陥凹の程度、神経線維層の厚みを調べることができます。緑内障では視野検査において視野の欠けが表れる前に神経線維層の菲薄化が認められるようになります。したがって、緑内障のごく初期、または予備軍(将来的に緑内障になる可能性がある)の段階で発見することができます。
この検査は顎を機械に乗せて正面を見ているだけで数分で終了します。そのため患者さんへの負担は比較的少ない検査です。

正常眼圧緑内障の治療

治療の根本は眼圧を下げることです。眼圧が正常な場合でも視神経に脆弱性があるため、その圧に負けて視神経の中央部が凹んでしまうわけですから、正常な眼圧をさらに下げることによって視神経を守ることが治療の目標になります。
眼圧を下げるためにはまず、点眼薬を使用します。緑内障治療に用いられる点眼薬は大きく分けると①房水を流れやすくする作用、②房水の産生を抑える作用の二通りがあります。まず、緑内障と診断された患者さんのベースラインとなる治療前の眼圧や視野を何度か測定してから点眼治療を開始します。点眼開始直後はある程度の期間定期的に眼圧を測定し、その点眼薬の効果の有無を判断します。眼圧の十分な低下が得られるようであれば継続し、効果が不十分であれば他の薬に変更したり、作用の違う薬を追加したりします。

定期検査と日常生活について

「視神経乳頭の陥凹拡大」の指摘を受けた人が必ず緑内障になるわけではありません。また、「正常眼圧緑内障」の診断を受けた患者さんでも、一生自覚症状があらわれずに済む可能性も少なくありません。しかし、緑内障は神経の病気であり、今の医療では一度進んでしまった障害をもとに戻すことは困難です。ですから、緑内障の疑いがあれば、定期的に検査をし、緑内障の早期発見に努めましょう。視野の異常が見つかれば、必要に応じて副作用の少ない点眼薬を使用し、進行を予防します。
また、緑内障の場合日常生活において、食事、仕事、運動、嗜好品などに特に厳しい制限はありません。テレビ、読書、コンピューターなどで眼を使うことも問題ありません。
点眼薬が開始された場合は、決められた時間帯に忘れずに使うようにしましょう。また、 途中で点眼薬を切らしてしまったりすることのないように、少なくとも1本予備のものを常備しておくことをお勧めします。
視野検査、眼圧検査などは、担当医とご相談の上個々に合った間隔で、定期的に受けるようにして下さい。