あおぞら眼科ワンポイントレッスン|アレルギー性結膜炎について

アレルギー性結膜炎(花粉症・通年性アレルギー性結膜炎)

花粉症 

花粉が原因で生じるアレルギーです。花粉症を起こす植物としては、春先に多いスギやヒノキ、秋に多いブタクサなどが有名です。症状は眼の痒み、充血、異物感、眼やに(糸を引くような白い眼やに)などです。かゆみがなく、朝起きたときの目やにが増えるだけといった非典型的な症状もあります。花粉症は毎年決まった時期に症状がみられることが特徴ですが、雑草類の花粉はほぼ一年を通して存在していますので一年中症状がある花粉症もあります。

通年性アレルギー性結膜炎

室内のほこり(ハウスダスト)、ダニ、カビ、ペットの毛が主な原因で生じるアレルギーです。
症状は花粉症と同じです。常に身の回りにあるので、一年を通して症状が慢性的にみられることが特徴です。


【コンタクトレンズによるアレルギー性結膜炎について 】

アレルギー性結膜炎にかかっている方がコンタクトレンズを装用するとレンズの刺激や汚れによって症状が悪化することがあります。そうなると眼からの分泌物が増し、その分泌物がまたコンタクトレンズに付着し、さらに症状を悪化させるといった悪循環を繰り返します。したがって適切な点眼薬を使用して結膜炎の悪化を防ぐことが大切です。汚れが付着しにくいコンタクトレンズを選択し、毎日適切なレンズケアを行うことも必要です。

アレルギー性結膜炎の診断

血液検査を行うことでアレルギーを起こしている原因物質を調べることができます。ご希望の方はお申し出ください。
*原因によって治療法が変わるわけではありませんので、眼科では必ずしも検査はお勧めしておりません。また、原因物質が特定されなくても症状に応じた適切な治療は可能です。

アレルギー性結膜炎の治療

抗アレルギー作用をもつ目薬(抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤)を用いた治療が行われます。花粉による季節性の場合は痒みなどの自覚症状が出現する前に目薬をつけ始めることで、症状の出現を予防したり、軽くしたりすることができます。痒みなどの症状の強い時は、副作用の少ない低力価のステロイドの目薬を使うこともあります。ステロイド点眼には副作用がありますが、当院で処方している低力価のステロイドは長期使用でも副作用はまず生じないといわれているタイプです。極まれに眼圧上昇を起こすことがありますので眼圧のチェックをしながら使用します。

目薬を使用し、眼の痒みを取り除いて眼をこすらなくても良い状態を維持することも大切です。

 また、痒みのために何度も眼をこすってしまった場合、眼の回りが赤く腫れ、ヒリヒリしてくることがあります。この場合は、眼の回りには眼軟膏(抗生剤の軟膏やステロイドの軟膏で、目に入っても安全なタイプがあります。)を塗り、まぶたの赤みや腫れを抑える治療をします。目薬を使用し、眼の痒みを取り除いて眼をこすらなくても良い状態を維持することも大切です。

目薬の使用方法について

抗アレルギー剤は副作用が少ないため、症状が強い時は一日に6-8回あるいは一度に数回点眼してもかまいません。ステロイド剤は症状が良くなってきたらご自分の判断で回数を減らしたり、中止してみたりしてください。中止してみて、もし、また痒みが出るようでしたら痒い時だけ使ってみてください。
未開封の目薬は1~2年後も使用可能です。花粉症などで症状が出やすい時期が決まっている場合は、抗アレルギー作用のある点眼薬を家で保存しておいて症状が出る少し前から使い始めることをお勧めします。
また、痒みで眼をこすってしまい、まぶたが荒れているときは、先に眼軟膏をまぶたにうすく塗ってから目薬をさすようにするとよいでしょう。まぶたが荒れていると目薬が眼の回りに付いたとき、しみたり痒くなったりすることがあります。