あおぞら眼科コンタクト

コンタクトレンズについて

コンタクトレンズは直接目に触れる医療用品であり、取り扱いには十分な注意が必要です。
コンタクトレンズを安全に使用するために、問診・診察・視力検査の結果をもとに個々に最適なレンズ(レンズの種類、大きさ、曲率半径、度数等)を選択します。
ドライアイやアレルギー性結膜炎のある患者さんでは点眼薬を使用して目のコンディションを整えながらコンタクトレンズを使用することがあります。また、目のコンディションに,よってはコンタクトレンズを使用できない可能性もあります。
コンタクトレンズ未経験の方や他のタイプのコンタクトレンズに変更をご希望の方は、使い捨てコンタクトレンズをお試しいただけます。初めての方の装用練習には1時間前後の時間を要します。

コンタクトレンズを安全に使用するためのお願い

目に充血・違和感・痛みがある場合等はコンタクトレンズの使用を中止すること、3ヶ月ごとに目の定期検査(特に使い捨てレンズの場合)を受けること等、目の安全を守るための基本的なルールを必ずお守りください。
メーカーが推奨する取り扱い方法に従っても目のコンディションによって細菌性角膜潰瘍やアカントアメーバによる重篤な角膜障害はまれながら生じ得ます。従って定期検査は重要です。
また、少しでも目に違和感がある場合にはコンタクトレンズの使用を中止して対応をご相談ください。
(コンタクトレンズを中止してもご不便がないようにメガネは必ずご準備ください。メガネをお持ちでない場合、無理してコンタクトレンズを継続する傾向があり目の障害を生じるリスクが高くなります。)

目の健康が損なわれる恐れがある場合にはコンタクトレンズの処方をお断りすることがあります。また診察をせずにコンタクトレンズの処方箋を発行することは出来ません。

あおぞら眼科クリニックでは、コンタクトレンズ販売をあおば薬局さぎぬま(あおぞら眼科クリニックと同じビルの地下一階)に依託しております。

日本コンタクトレンズ協会  http://www.jcla.gr.jp/